環境を守る思いが緑のまちを生む。


安心、安全なまちづくり、社会づくり
それが八州の目指す道です。
未曾有の災害から、身近にある事故まで、社会の様々な不安から人々を守る。
今まで培った技術と経験を活かし、よりよい社会づくりに貢献します。

イメージ

自然災害に備える

大自然の力は、時に私たちの想像をはるかに凌駕してしまいます。そんな自然災害に備え、あらゆるリスクを想定した対策が必要になります。地震や水害に強いまちをつくる「予防」。災害発生時の安全対策や当面の生活をサポートする「復旧」。災害発生後にまちのリニューアルを進める「復興」。これらすべてに全力で取り組んでいきます。

■災害予防(インフラ整備促進)

都市基盤を整備する区画整理事業等の促進により、延焼遮断帯の形成や緊急時の避難経路の確保、液状化の防止、狭道路の解消、砂防事業など、災害に強いまちづくりの計画を進めます。

■災害復旧(空中写真撮影)

地震など広範囲におよぶ災害では、空からの調査が有効です。災害発生から数日間で空中写真撮影を行い、速やかな復旧活動を支援します。

空中写真撮影

■災害復興(地籍測量等)

災害復興に欠かせない、国土調査法に基づく地籍調査。活力あふれるまちの再生へ向け、全国各地の復興活動に貢献しています。

地籍測量

イメージ

交通、輸送事故の防止

交通、物流などのインフラが整備された事で、私たちの生活は便利で快適なものになりました、しかし、便利さの反面、事故のリスクが高まっているのも事実です。八州では、事故防止の観点から、安全、安心できる生活づくりを行っています。

■ホームドアの設置調査

ホームからの転落や列車との接触事故防止に欠かせないホームドアの設置調査を行っています。

応用測量

■事故発生マップ

事故が発生した場所や頻度をマップでわかりやすく表示し、事故再発防止に繋げます。

空中写真撮影

イメージ

すべてのひとに優しい空間づくり

八州では、これからの都市空間に必要なものは「すべての人への優しさ」だと考えています。
高齢化社会を迎え、お年寄りに優しい、それから子供達に優しい、障害者にも優しいユニバーサルデザインを採用した都市空間を作る事で、まちからも優しさが伝わればと考えています。

■ユニバーサルなまちづくり

ユニバーサルデザインで、全ての人が公平に、簡単で、安心、安全に使えるまちづくりを行います。

自治体の防災体制の見直し

サービス・システム紹介 ちいさな区画整理

プライバシーマーク